家事えもんのYシャツの襟の黄ばみ&臭いを消す酸素系漂白剤煮込み法!?

スポンサーリンク

2015年11月5日の得する人損する人の放送で家事えもんの洗濯術がまたまた披露されていました。

Yシャツにの襟についた黄ばみはもちろんのこと頑固な臭いが気になりませんか?どうしてこんなに色がつくのか…とる方の身にもなってほしい!!

そんな嘆きともおさらばです。今回家事えもんが紹介するのはそんな頑固な襟汚れを酸素系漂白剤でおとす方法です。なんと鍋で煮る!

他にも襟汚れの予防や早く洗濯がかわく速乾ハンガーの作り方まで紹介していました。

スポンサーリンク

Yシャツの襟汚れをとる方法、酸素系漂白剤を使う!


漂白剤は塩素系と酸素系の2種類があるのですが、今回は酸素系漂白剤を使います。

というのも、塩素系の場合は漂白力・殺菌力がつよくてトイレ・台所・カビ用に使われます。

一方今回使う酸素系の方が力は弱いので、繊維を傷めず汚れを落とすことができるため衣類に向いているんです。

やり方

*注意!アルミ製の鍋は表面が剥がれる可能性があるので、ステンレス製の鍋にしましょう。

①大きな鍋を用意します。シャツ全体がつかるよう水を2ℓ入れます。

②酸素系漂白剤を15グラム入れます。

③全体に溶けるようにかき混ぜます。シャツ全体をしっかりと浸けます。

④火をつけ煮込みます。弱火でじっくり温度をあげます。沸騰させず80℃ほどで煮込みましょう。小さい泡がでてきたら火をとめます。

☆ふきこぼれに注意!

⑤冷めるまで鍋に入れたままつけ置きします。

⑥1時間ほど熱を冷ました衣類は普通に洗濯機にかけます。使った鍋は食器用洗剤で漂白剤を落としておけば大丈夫です。

酸素系漂白剤の漂白する力が発揮されるのが50℃、40℃ほどになると酵素の能力が引き出されます。除菌は25℃ほど。

なので完全に冷めるまで浸け置く必要があります。

これでクリーニングにださなくても黄ばみも臭いもキレイになりますね。

襟汚れ予防にはセスキ水をスプレーするだけ!

231220

ここでもやはり登場するのがセスキ炭酸ソーダ水です!

やはり万能ですよねこのこ^^

襟汚れを未然に防いでくれるそうです。

襟汚れを予防する方法は簡単!いつもの洗濯前に汚れるだろう襟元にセスキ水をスプレーします。

そして普通に洗濯。これだけです。

これだけで襟汚れが沈着するまえに防ぐことができるんですね。

ただし、ウールやポリエステルなどのオシャレ着は繊維を傷つけてしまうため使わないでください。

乾かす時間を大幅短縮する速乾ハンガーの作り方

作り方

①タオルを縦に細長く折り、ねじります。

②ねじりながらタオルを針金ハンガーの上の部分に巻きつけます。タオルが外れないようしっかり固定して完成です。

こちらの速乾ハンガーにシャツをかけると空間が空き、乾き時間が半分も短縮されたそうです。

ゴツイめのハンガーもよく売っていますがこれなら洗濯をとりこんでもタオルだけはずせば、かさ張らずクローゼットにもなおせていいですよね。

最後に

洗濯を煮るという考えは少し抵抗があるかもしれません。ですがキチンと鍋は洗っておけば大丈夫ですし、襟元を手洗いせずにすみます。

次回からセスキを使えばその手間もなくなりますしね。一度頑固な汚れを煮て洗濯してしまいましょう^^

すごい家事 – 人生の「掃除の時間」をグッと縮める –

コメント

  1. シミ抜き見習い より:

    色柄も物のシャツでも可能ですか?
    ボタンが溶けたりしませんか?

    • komama より:

      色柄ものでOKです。酸素系なら衣服の色はのこして漂白することができます。
      ただ、おっしゃる通りボタンやファスナーつきのものだと金属が化学反応をおこしてボロボロになる場合があります。ボタンのついていない色柄ものでおこなってください。

  2. シミ抜き見習い より:

    お早い返信ありがとうございます!ぜひ、試してみようと思います。