冬の寒さから身を守る着こなし5つのポイント!寝巻きは暖かいジャージより綿のパジャマが一番いいって事実

スポンサーリンク

以前、世界一受けたい授業での放送では冬の着こなし術についてやっていました。

セーターはサイズが大きいほうが暖かかったり、小物をプラスすることでぐっと温かさがキープできます。そして夜、寝るときの寝巻きは綿のパジャマが一番快適って知ってました?ジャージやフリースは暖かいけど暖かすぎてダメなんです。

知っているようで意外としらない冬服の着こなし方。暖かく快適に冬をすごしましょう。

スポンサーリンク

冬の暖かい着こなし術5つのポイント!

086154

帽子より手袋よりマフラーが一番あたたかい!

朝暖かくても夕方寒かったり、朝寒いのに昼間はあつかったり…体温調節が非常に難しい時期ですね。

とくに最近は11月も終わるのに暖かい日も多く、かといって夜は冷えます。

そんな時の体温調節に便利なのが小物類です。

小物で暖めるものといえば「帽子」「マフラー」「手袋」とありますが、どれか一つをとるとすればどれでしょう?

正解はやっぱりマフラーでした^^

マフラーで首を温めると体も顔まで暖まります。

なのでマフラーだけでも持ち歩くといきなり冷えてきても対応できますよね。首を温めることは全身の保温につながります!

一年中使える18色なめらかプレーン ストール(マフラー)

セーターは大きいサイズの方が暖かい!?

ピチピチの、体にフィットしたセーターよりダボダボの方が暖かいそうです。

体に密着している方が空気が入らないから暖かいのかな?と思ったんですが、逆でした。

ダボダボの方が空気があるため、体の体温で温められます。

ピチピチのセーターだと空気は入る隙間もなく、体温は逃げるため断然ダボダボセーターの方が暖かいんです。

重ね着のさいは上に重ねるほど大きいサイズを選ぶようにするといいようです。

毛皮のコートは風の強い日にはNG?

毛皮のコートは暖かそうですが、さすがに風の強い日には寒さを感じます。

毛皮のコート・皮ジャン・ダウンジャケットこの3つで実験した時にいちばん暖かかったのはやはりダウンジャケットでした。

毛皮も皮ジャンも徐々に寒さを感じるようになりましたが、ダウンジャケットがいちばん暖かさが保てます。

これは暖かい空気の層で守られているため保温性もあり防風性にも優れているからだそうです。

防風性 保温性
皮ジャン ×
毛皮のコート × ×
ダウンジャケット

あんまり風が強くて寒そうなときはダウンジャケットが正解です^^

快適に過ごせる寝巻きはパジャマ!

フリースやジャージは暖かくて快適そうに見えますが、湿度は高くなりますよね。

布団に入った後快適にすごすには暖かさも必要ですが湿度も高くなり過ぎないことが重要です。

フリースはとても暖かいのですが、湿度がかなり高くなってしまいます。そしてジャージはもっと暖かく、同じく湿度も高いという番組内での実験結果でした。

一方、綿素材のパジャマで寝た場合には温度は一番低いのですが、快適温度を保ち、湿度も高くなりすぎませんでした^^

これは体から出る湿気をパジャマが吸い取ってくれるためです。そのおかげで快適な温度と湿度を保ってくれます。

夜、寝ている間に人は汗をかきます。この汗が暖かすぎる素材のパジャマの場合だとかえって逆効果です。湿度が高くなり汗がこもります。

こもった汗は逆に体を冷やすという結果になってしまいます。これでは快適とは言えませんよね。

夜、寝る時は暖かさよりも快適さを求めましょう。湿気をすうタイプのものがいちばん快適です。

寝る時は湿度を吸い取ってくれる綿素材パジャマがベスト!

ルームウェア 上下セット 長袖 冬 キルト パジャマ 綿100% 可愛い 前開き…

最後に

暖かすぎるパジャマは逆に暑くて寝苦しくなります。綿のパジャマなら湿気もこもらず、温度も快適に保ってくれるため寝心地もよくなるんですね。

普段部屋で寒いときは重ね着をして、寝る前に脱いでから就寝しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする