ノンストップ!笠原将弘の絶品ふわふわ卵で食べるブリ大根のレシピ!

スポンサーリンク

2015年12月1日のノンストップでは笠原将弘さんがブリ大根の作り方を紹介していました。

今が旬のブリに大根!ですがなかなか難しいんですよね。そんなブリ大根に笠原さんは卵につけて食べるそうなんです。

煮崩れせず、大根にも味がしみるブリ大根…笠原流の作り方を学びましょう^^

スポンサーリンク

和食のプロ!笠原将弘のブリ大根の作り方!

81f8c5a41b6b79c691073066e04fde31_s

◆材料◆

(4人分)
ブリ(切り身)・・・4切れ
塩・・・適量
大根・・・400g
水・・・500cc
酒・・・100cc
砂糖・・・大さじ2
昆布・・・5g
しょうゆ・・・大さじ3
みりん・・・大さじ2

*つけあわせ*
卵・・・2個
塩・・・適量

◆作り方◆

①ブリに少し塩をふります。沸騰している鍋にブリをいれ霜降りします。表面が白くなったら氷水にいれます。

☆氷水にいれることで身がしまり崩れにくくなります。ウロコなどがういてきたら手で落とします。

②ペーパータオルで水気を切ったら鍋に並べます。

③大根は細長くきり、味もしみこみやすく煮込み時間が短縮できるようにします。

④ブリと大根を鍋にいれたら水・酒・砂糖と昆布を加え落とし蓋をし、中火で10分煮込みます。

⑤しょうゆ・みりんを加え、また落し蓋をして中火で20分煮込みます。

⑥皿にもりつけ、ゆずの皮の千切りを適量のせます。

⑦ボールに卵と塩をまぶし泡だて器で混ぜます。これを湯煎にかけながら3~4分混ぜればOK

ネギと黒コショウををかけて完成です!

ブリ大根を卵につけて食べるとまた違った味わいになります^^

最後に

卵をつけて食べるなんて驚きです。いつもと違うブリ大根でそれもおいしそうですね。

大根も小さくきったことでしっかりと味がしみておいしそうでした。たしかにああいうふうに切れば味もちゃんと入りますよね。

煮崩れしないように氷水につける、大根は小さめにきる、それから卵をつけあわせに!これでおいしいブリ大根ができるかもしれません^^

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

笠原将弘の毎日たべたい和食のおかず

スポンサーリンク

シェアする

フォローする