サタデープラス!長野のスーパーフード”すんき”と”クルミ”で長寿になる?若返りの秘密はオメガ3脂肪酸!

スポンサーリンク

2015年12月5日のサタデープラスでは長野の長寿の秘密をさぐるということで、2つのスーパーフードがでてきました。

ひとつは長野では有名な「すんき」という食べ物。そして「クルミ」です。長野はクルミの産地でよく食べているそうなんです。

そんなクルミにはオメガ3脂肪酸がふくまれていてこれが長寿の秘密ということでした。

すんきとクルミ、体に何がどういいのか、知れば長寿&キレイになれちゃうかもしれません!

スポンサーリンク

長野のスーパーフード!長寿の秘密とは?

子供も食べる!すんきの実力!

すんきとは長野県木曽に伝わる昔ながらの漬物です。

地元の方は毎日のように食べるというすんき、漬物なのに実は塩分がいっさいふくまれていないのです。

どんな漬物だって塩分が結構入っているものなのにこのすんきはどれだけ食べても大丈夫!

では、どのような栄養効果があるのでしょうか。

すんきは酸味が強いのですが、これは乳酸菌によるものです。この乳酸菌はヨーグルトと同じほどの量がふくまれています。

しかも!ヨーグルト100gとるとカロリーは65キロカロリーなのに比べすんきだと20カロリーでした。

糖質や脂質もかなり低い数値でした。

たっぷりの乳酸菌が入っているのに脂質・糖質がほぼないというこのすんきが長野のスーパーフードでした^^

すんきはアレンジすることもできます。

ピザや春巻きにも使っていましたし、みそ汁にいれると減塩効果にもなるそうですよ。

すんきは長野のスーパーで売っている他に道の駅などでお土産として販売されているそうです。

近くにないという方はネット販売で手に入れてくださいね^^

すんきお菜漬

クルミで血管が若返る!

339415d324adc6c7bcb42f21423976a4_s

長野県が生産量日本一だそうです。

クルミは普段でもよく見かけるとは思うのですが長野では殻付きのまま売っているところがあるそうです。

そんなクルミがなぜ体にいいかというと、オメガ3脂肪酸のひとつαリノレン酸が含まれているからです。

今えごま油やアマニ油などが流行していますが、これらと同じ成分が入っているんです。

体に取り入れることでEPAやDHAに変換され、血液をサラサラにしてくれる栄養素がこのαリノレン酸です。

しかも他のナッツ類と比べずばぬけて多いんです。

他にもポリフェノールの量も多く、赤ワインよりもたくさん入っています。

しかもローストされたクルミの方が1.5倍もポリフェノールが増えます。購入するときはローストのものを選ぶといいみたいですよ^^

*くるみの食べ方いろいろ*

・くるみ味噌

粗くすりつぶしたクルミに味噌・砂糖・みりんを加えたものです。色々な料理に使えます。

焼きおにぎりにして食べてもおいしいんだとか。

・くるみ小女子

クルミと小魚を炒め、みりんとハチミツをからめたおつまみです。おせち料理として食べられているらしいです。

他にもちらし寿司にいれたり、豆やゴマの代わりにクルミを使っているそうです。

・そばとくるみ

いちばんいい食べ合わせはそばと一緒に食べることです。

そばつゆに溶かしたくるみダレにつけてそばを食べるといいんだとか。

そばには毛細血管を丈夫にするルチンが豊富にふくまれておりより健康効果が高くなります。

1日のクルミの摂取量

ではどれくらいの量をとるのがベストなのでしょう?

とりすぎればカロリーも気になりますからね…

正解は1日4、5粒です。

食べすぎ禁物ですよ!油も多いので。

最後に

豆のかわりにサラダにいれたりするのもクルミおいしそうですね。

そんな頻繁に食べないものですけど魚をとらなくてもDHAになってくれたりと健康効果が色々あって便利な食材なんですね。

豆やゴマのかわりに家で常備するといいかもしれませんね^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする