あさイチでスキレットを紹介、オシャレでカフェ風になるけど、手入れってどうするの?

スポンサーリンク

2015年5月18日放送のあさイチでは「スキレット」を紹介、これは鉄製のフライパンのことです。

今話題で人気急上昇中のこのフライパン…ってどうなの?

手入れしだいで一生もののスキレット、正しく洗ってずっと使い続けたいですよね。

スポンサーリンク

スキレットってどんなもの?

recipe014_001

要するに鉄の鍋です。

鋳鉄というものらしいです。ダッチオーブンと同様の作りで分厚く、温度を一定にたもってくれます。

鍋全体を均一の温度でたもってくれるのでお肉にもきちんと火がとおります。

そんな、人気がでているスキレットの大きさは6インチで小さめなものになります。

一般的に鉄なべというと扱いづらそうで大変…というイメージがありますが、これくらい小さいものだったら手軽かもしれませんね。

下が平らになっているのでガス火だけでなく、IHも対応しています。なのでどんな家庭でも使えますよ。

しかも鉄製なのでオーブンにいれて焼くこともできますし、料理にもお菓子作りにもいい相棒になってくれます!

手入れ方法、拭いて洗って油でぬる!

鉄の鍋は手入れしだいで一生ものです。

メンテナンスが大事です。愛着もわきますし、使い続けたいものです。

そんなスキレットのお手入れ方法とは?

汚れをふき取ります

キッチンペーパーなどできれいにふきとりましょう。

タワシを使ってぬるま湯で洗います

このとき洗剤は使ってはいけません!使ってしまうと表面になじんだ油膜がはがれてしまうので気をつけましょう。

*焦げや臭いが気になる場合のみ、洗剤や重曹をつかってください。

水分を蒸発させて油を薄くぬります

あるていど水をふきとったらコンロの火にかけ、完全に水分をとばします。

熱が冷めないうちに油を全体に薄くぬりこめば終了です。

油はサラダ油でもオリーブオイルでも、食用油ならばどれでもOKです。

*スキレットは冷却によわいので冷水で洗うとひびが入る可能性があります。ぬるま湯で洗いましょう!

このスキレット、100年前からあるもので、ずっと使いこまれると表面が深く黒光りしてきます。これを「ブラックポット」とよんでいるそうです。

そこまで使い込めたらすごいですよね!

スキレットで何食べよう!

そのまま食卓に出すだけでカフェ風のオシャレな食事になるスキレットですが、どんな料理に使えるのでしょうか?

番組でも紹介されていたスキレットの店、ロッジのサイトでも様々なレシピが公開されています。

オープンサンドやローストチキン、リンゴのタルトタタンなどなど、どれもおいしそうです。

LODGE RECIPE(ロッジレシピ)

そしてもちろんクックパッドでも話題です。

ステーキやナポリタン、パエリア、ハンバーグ様々なレシピに挑戦してみたいものですね!

クックパッドのスキレットレシピ

調理したまま食卓にだすだけだと盛り付けいらずで簡単です。

誕生日やイベントごとで1品だすだけでもかなりオシャレでおいしそう!

鉄スキ大スキ! (ワールド・ムック 1068)

中古価格
¥2,691から
(2015/5/18 13:34時点)

LODGE(ロッジ) スキレット 6-1/2″”/フライパン

新品価格
¥1,900から
(2015/5/18 13:38時点)

最後に

スキレット家庭に一つあってもいいですよね。いざというときパッと食卓にだせればオシャレですし。オーブンにもいれられるのがいいところです!

ニトリでは500円で買えるようですし、イオンにも様々なタイプのものが並んでいました。

一番はやはりロッジで買えば長持ちはしそうですけどね。自分に合ったスタイルでスキレット使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする