子供と野菜が仲良くなるためのレシピ

子供と野菜が仲良くなるためのレシピ

私たちの子供たちがどれほどうるさいかは誰もが知っています。野菜を見ただけで、お皿を押しのけて顔をしかめてしまいます。そのため、食事の時間が大変なことになっています。それでも、ママちゃんの子育て体験談をお届けしたいと思います。

子どもたちが大好きになったフライドチキンではなく、ヘルシーな食事を選ばせるのは本当に大変でした。最初にお弁当に野菜を入れようとしたときは、泣いたり、叫んだりしていました。

でも、少しずつ野菜や果物を取り入れることができました。笑顔で歓迎してくれる野菜もありますが、中にはもっと厳しく押し付けて食べさせなければならないものもあります。大切にしているからこそ、健康的な食べ物には厳しくしなければならないことを実感しています。

インターネットや仲間のママたちからのヒントを参考にして、私は子供たちの食事の準備にクリエイティブな工夫をすることを学びました。色とりどりで生き生きとした料理を作ることは、子どもたちが野菜を食べることを楽しむための効果的なコツでした。そのため、私はできる限り、食事を彩り豊かに見せるようにしています。

食卓の上に野菜ばかりが並んでいると子どもたちが嫌がるので、肉と野菜のバランスを考えた食事を作ることを学びました。やりがいはありましたが、子どものニーズに合わせて少しずつ改善していく過程を楽しむことができました。

ネットを見ていると、子供が喜びそうな野菜のレシピに出会うことがあります。私はそれらのレシピをメモして、自分なりの工夫を加えてみます。これらのレシピは絶対的な勝利というわけではありませんが、完璧なスタートを切るためのものであることを覚えておいてください。

このリストには、副菜、メインディッシュ、おやつのアイデアが含まれています。子供の食事に野菜を取り入れる際に参考になるかもしれませんので、ぜひ覚えておいてください。

  • ブロッコリーのトッツ

野菜が入っていないテータータートッツは、特に普通のケチャップにつけて食べると絶対的なお気に入りです。

  • 簡単ベイクドキャロットフライ

お子さんが大好きなフライドポテトに代わるヘルシーな一品です。

  • カリフラワーマック&チーズ

マカロニとカリフラワーをチーズと組み合わせると、その違いに気づく人がいるでしょうか?これを試してみて、あなたの子供の反応に驚くことでしょう。

  • 自家製ベジナゲット

見た目が普通のチキンナゲットに似ているので、お子さんが野菜を食べているのをだまし取ることができるレシピです。

  • さつまいものパンケーキ

良い朝食のアイデアは、あなたの子供が一般的に食べる食品にいくつかの野菜を混ぜることです。このレシピは、サツマイモがいつものパンケーキの味だけでなく、テクスチャを追加することができますので、本当にヒットするでしょう。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me